合コンするときの支払割合

合コンするときの支払割合

合コンするときの支払割合

合コンをした時に気になるのが、お支払ですが会計する時に、バタバタしないように男性陣が前もっていくら支払をするのかを前もって決めておくことが大事です。会計の時にモタモタしていると、盛り上がった合コンのテンションがダウンしてしまうので、会計の時にはスマートにそしてスムーズに会計するように心がけましょう。男性が女性の分を全て持つ必要はまったくありません。割り勘でももちろん大丈夫ですが、男性が女性よりも多少多く支払うというのを心がけておくといいでしょう。何円までといった細かいところまで割り勘にするのは、スマートではありません。合コンの基もちろん年齢によって支払額に対する懐事情も変わってくるので、合コンの幹事になった方は年代別で女性にどれぐらい払ってもらえるかを頭に入れておくと、会計するときに楽になります。

合コンの会計

幹事の役目はスムースな会計になりますが、大事なことは参加する男性も女性も無理のない範囲での予算設定することです。女性のなかに「あまり出したくない」という考え方の人も多少はイルカと思いますが、最近は女性も負担するのがごく一般的になっているので女性から徴収することに抵抗を感じる必要はありません。支払の時にも、コミュニケーションをとるチャンスのひとつととらえましょう。幹事さんはお金を徴収する時に、慌てないようにあらかじめ1000円札を多めに準備してお釣りに備えておくと安心です。

20代前半(学生)~20代半ば(社会人ほやほや)

学生や社会人になりたての年代の場合、ひとり3000円程度が男女ともに負担するにも一番良い金額になっています。この場合にお金を徴収する時に、男性は4000円・女性は2000円という支払い方法が、男女共に納得のいく割合になっています。このときに、女性陣が学生がいる場合には男性の負担額を増やした金額の場合は、好感度がアップします。ところが男性側がえっ?と思うケースもあるので、これは男性もあらかじめ話をつけておくほうが良いでしょう。

20代後半~30台前半(社会人として独り立ち)

この年代は、一番男女共に金銭的に余裕の出ている年齢になります。女性側も味や雰囲気などこだわりが強くなってくる年代です。20代前半のようにチェーン店居酒屋グループで合コンとなると、露骨にムッとした顔を出してしまう年齢でもあるので、この年代からはチェーン店居酒屋グループでの合コンは避けて予約しましょう。

この年代の相場はひとり4000円~を念頭に入れて、女性が喜びそうなお店を予約すると「できる幹事」の印象が強くなります。さらに予約する時に、女性だけデザート付きで予約をするとさらに好印象はアップします。予算はひとり4000円ですが支払いする時には、男性が5000円で女性が3000円が無難な支払パターンになります。

30代後半~40代半ば(年収により予算はかわる)

この年代になると、もういまさらゲームで盛り上がる必要もなくなる年齢になります。大人の会話を楽しむ年代になるので、個室を予約するようにしましょう。そしてもちろん、男女共にお料理が美味しいお店というのが大事になります。雰囲気が良いことはもちろんですが、お料理が美味しいお店を選びましょう。そしてゆっくり会話ができるように個室です。予算はひとり5000円~のお店を選びましょう。

男性側の年収によっても違ってきますが、男性は8000円ぐらいを負担する気持ちで、女性は2000円程度。もし女性側を若い子で集めたというのであれば、男性側がすべて負担するぐらいでちょうど良いぐらいです。

お金を徴収するポイント

男性側はあらかじめいくら負担だからといった金額を事前にメールで知らせておきましょう。女性には当日初めて会う人が多いと思いますが、当日の会計する時には男性が多く払うのが合コンでのルールになっています。但し、女性側が高収入でバリバリ働いているグループならば、女性の支払を安めに「男性は4000円ね、女性は2000円でお願いします~!」と金額を言ったときに「割り勘にしましょう」という申し出があるかもしれません。一度は「いいからいいから。」と断りそれでも割り勘をというのであれば、「じゃあ割り勘」とあっさり引き下がりましょう。会計のときに、いろいろごちゃごちゃするのはスマートではなりますから。

お店の予約をする時に、飲み放題コースといった追加ドリンクが出来ないような予約をしておくと予定していた通りの金額になります。最初から追加注文ができないようにしておくと、会計するときに「えっ?!この金額」ということにはなりません。