合コンでうまくいかない理由

合コンでうまくいかない理由

合コンでうまくいかない理由

合コンに参加すると盛り上げ係りになってしまう。とか合コンでもてない。といった悩みを抱える女性もいます。決して顔もスタイルも悪いというわけでもなく、なんで男性からお誘いがないのか・・。といった悩める女性です。そして男性も合コンでなぜにモテないのはなぜだと考える男性もいます。

合コンでもてない女性

男性は合コンで女性を見る時に、いくつかチェックしています。もちろん1番目は見た目はもちろんなので、見た目は磨くに限ります。ファッション誌をチェックするのはもちろんですが、女子アナのファッションやメイクも研究すると良い参考になります。間違ってもキャリア系の女子アナを参考にしないでくださいね。若い女子アナを参考にしてください。

モテるルールは忘れよう

女性誌などでも女性の気配りをチェックされている。という点がよくありますが、女性誌をそのまま鵜呑みにするのは危険です。案外ぼーっと座っていた友人のほうが誘いのケースが多いということがよくあります。あまりテキパキ過ぎてしまうと、この子は気が強そうだと思われしまいます。テキパキするのはもちろんいいのですが、テキパキを行き過ぎると、仕切ってしまうことに繋がってしまいます。

男性は自分が仕切りたいと思っているかもしれません。あまりも取り分ける人がいない場合には、取り分けるのもちろんありですが、お皿を回す程度にしてそれぞれが取るぐらいの心積もりでいるほうが、コンパに参加する気分としても楽です。みんなの分を取り分けることを繰り返してしまうと、「私って気が利くでしょ!」という男性陣へのアピールにもなってしまうからです。ほどほどにしておきましょう。

飲み物がなくなって、飲み物の追加注文は?!とついつい言ってしまうかもしれませんが、料理をとりわけドリンクまでも手配してしまうと「この人はちょっと」となってしまいます。完璧すぎてしまうと、スキがない女性だと男性の目には映ってしまいます。そこそこ気が利く程度でぜんぜん大丈夫です。合コン受けを狙っている女性だと思われないように気をつけましょう。

全員からモテようと思うべからず。合コンに参加した男性全員からモテようと思うのは、そもそも間違っています。参加した中のひとりと個人的な会話をすると、相手の男性はあなたに好意をもちます。なにも全員にモテる必要はないので、盛り上げ役になる必要もなければ料理も取り分ける必要もないというのはそこにあります。

そして、男性に対して余裕を持って接することが大事です。男性を見つけるぞ!と気合が入るばかりに、男性からガツガツしているように見られてしまうと、男性に好印象をあたえることにはなりません。男性を質問攻めにして、職業であったり年収などを聞き出してしまうと男性は拒絶反応を起こしてしまうからです。

あくまでも自然体で、自分の知らない人と話をするために出席しているというスタンスをとるほうが、間違いなくモテます。料理を取り分ける必要もなければ、場を盛り上げようと頑張る必要もありません。自然体でいきましょう。ただし、自然体だからといって、ブスッとしているのはダメです。興味がない男性であっても、大人の対応としてキチンと会話を楽しみましょう。イマイチだな。と思うかもしれませんが、相手はシャイなだけで実はとても魅力な方かもしれません。そしてブスッとして態度をしていると、その場の雰囲気を粉々にしてしまいます。大人の女性としてそのような態度を見せると、次回の合コンに誘われなくなり出会いのキッカケの扉は閉ざされてしまいます。自然体で、適度に愛想よくして会話を楽しみましょう。

合コンでもてない男性

合コンがひとつの出会いでもありますが、合コンが苦手だからと臆病になってはいけません。とにかく平常心で女性と話すことが大事です。そして男性は外見より中身といったことをよく聞きますが、それもごもっともでもありますが初対面の場合は、第一印象は見た目がとても大事です。なにもブランド物で身を固める必要などまったくありませんが、とにかく「清潔感のある服装」これにつきます。

スーツを着れば間違いないと思うかもしれませんが、合コンの時にいつものビジネススーツで行くのは仕事帰りでの合コンならOKですが、休日の合コンの場合は「仕事帰りだから」という言い訳ができないので、いつもの清潔感がある服装でカジュアル系の服も準備しておきましょう。自分で洋服を選ぶ自身がない方は、いっそのこと定員さんにお任せしてしまうのもひとつの手です。

男性のマナー

男同士にしか通じない話の内容や、仕事のことばかりを話題にするのもNGになります。仕事の話題で盛り上がることもあるので、全部が全部ダメではありませんが、女性から上司のことなどのいわゆる「愚痴」の話題になり、合コン相手(女性)が愚痴を聞かされ場面になったときでも仕事目線で話をするのはよくありません。

女性から好かれるポイントは「共感力」です。相手の愚痴を聞いてあげて、彼女が大変だ。と思っていることに、共感してあげることです。女性は愚痴を聞いてもらうだけでも、結構スッキリするのでそこで上司の立場としての発言をしてしまい説教じみた内容の話をしてしまうと、女性から引かれてしまいます。共感することを心がけましょう。

そして「空気を読む」という力が必要になります。女性と会話をしながら、その場の空気を読まなくては会話は滞ってしまいます。女性との会話を客観的に聞き、その流れに乗った会話をしましょう。「空気を読まない人だ」と女性に思われてしまうと、恋愛対象外になってしまうどころか2次会や、その後メールや次回へは続かなくなってしまいます。

社会的常識を守る

マナーに通じる点ですが、「カッコいい男で、イイ男と思っていたのに、彼がタバコをポイ捨てをするのを見て引いた」というようなこと聞きます。タバコに限らず、ゴミをポイ捨てしている姿をみて、幻滅したという話は決して少なくありません。女性は社会的常識を守らない人は嫌いです。マナーを守らない男だと女性に思われると、社会的常識がない男とは付き合えない。という結果になってしまいます。

合コンの場以外の場所でも、社会人としてそしてモテる男になるためには、最低限のマナーをキチンと守ること。これがとても大事です。「マナー」はも冠婚葬祭といったような非日常的なマナーではなく、ひとりの社会にかかわる人間として必要な日常的な公共の場でのマナーになります。

マナーは社会生活の中で、ひとりの社会人としてそして人間としてのルールになりますが、女性はルールが守れない男性を「社会常識がなさそう」とみてしまいます。「社会常識がない」そこから、さらに女性は考えます。「社会常識がない」⇒だからきっとこの人は職場でも信頼されていない。といって見方をします。そうなってしまうと、もう女性は男性のことを恋愛の対象とはみなくなってしまい、恋愛対象外としてかみなくなります。それだけではなく、マナーは他者への配慮から生まれているものがマナーになります。マナーが守れない人=他人への配慮がない男 つまりそれは「自己中」と見なされてしまい、自己中ないわばセルフィーな男と付き合うと苦労するからイヤだ!となり、女性から避けられてしまいます。